車いす昇降機(後付け型の車いすリフト)を自動車に簡単取付

助っ人くん 中部産業株式会社

メニュー

  1. トップページ
  2. よくある質問

よくある質問

福祉車輌全般について

福祉の種類について
福祉車輌には、どのような種類がありますか。「助っ人くん」を利用されるお客様のタイプは?

福祉車輌は主に下記のタイプがあります。その中で「助っ人くん」は丸印の位置にあります。

福祉車両のタイプ
メリット・デメリットについて
福祉車輌には、どのような種類がありますか。「助っ人くん」を利用されるお客様のタイプは?

各タイプ福祉車輌のメリット、デメリットを表にしましたのでご覧下さい。

メリットとデメリット
福祉車両の相談・修理について
福祉車両のことを相談したり、購入するにはどこに行けばよいですか?
また修理が必要になったらどうすればよいですか?

一般の福祉車両(完成車)は、全国の自動車販売店でお買い求めできます。
各自動車会社には福祉車両の相談窓口があり、また常設展示場(ハートフルプラザなど)を設けているところもありますので、お気軽にご相談ください。

しかし、「助っ人くん」のような後付けリフトは、自動車販売店では取扱いがなく、一部の自動車架装業者、整備工場で取り扱っているのが現状です。利用者様から見れば探すのに苦労されています。
中部産業では、お近くのタイヤ館で取扱いさせていただいていますので、お気軽にご相談下さい。また修理についてもご相談できます。

タイヤ館で取り扱っております
試乗について
福祉車両を購入する前に、試乗することはできますか?

自動車会社の中には、福祉車両をそろえた常設展示場や試乗車を用意している販売店、また巡回展示を行っている販売店もあります。中部産業では、デモ車輌を所持しています。お気軽にご相談下さい。

展示会でデモ車両を展示しています

助っ人くんについて

助っ人くん動作環境
リフトは「何」で動いていますか?

車輌のバッテリーを電源とした「電動・油圧」により作動しています。

使用方法について
車椅子に人が乗ったまま使用可能ですか?

車椅子にご利用者が乗ったまま昇降可能です。

耐荷重について
耐荷重は何kgですか?

最大荷重は160kg。重量タイプの電動車椅子とご利用者まで使用して頂けます。
※上記では約160kgとなりますが数字を言うと「マージン」があるのでは?
と、乱暴な使用をされますので数字については言葉を濁しています。また車いすは一般的な物を想定しています。できれば座いす高さが低いタイプが望ましいです。
リクライニングが付いた車いすの場合、全長等が長く乗車できない場合があります。ご相談下さい。

他車への移設について
他車への移設は可能ですか?

全く同じ車輌であれば問題は有りませんが違う車種への移設となるとかなりの部分を修正しないと取付けられません。リフトを弊社にお預かりする等の経費とは別に25万円(+取付け費用3.8万円)にて移設を実施しています。助成制度が存続していれば、次の車輌の非課税消費税分で捻出可能と考えます。

保証期間について
保証期間は?

新車購入時の電装品等と同様の「3年間保証」を付帯しています。

取付けについて
取付けにはどの位必要ですか?

ステップワゴンやノア・ヴォクシ一等の一般的な車種では3時間半程度あれば取付けられます。これは実質時間です。タイヤ館では最大1週間お借りしての作業を考えています。

メンテナンスについて
メンテナンスは?

現状では不要と考えています。車検時に気になる部分の給油程度で、作動油の交換は不要と考えます。施設等のご利用で使用頻度が高い場合は車検時に作動油の交換をお勧めします。

故障した揚合
故障した揚合、脱着工賃、送料などの費用はどこが負担するのか?

過去において故障で動かなくなった件数はゼロです。オイル漏れ※のためにシリンダーを交換したケースがありますが、トヨターディラーにて有償(1時間=7.200円)で交換作業をお願いしました。最悪の場合は当方から出向いて作業を致します。リフトを取外しての修理は一切必要ありません。

電動車椅子の対応について
電動車椅子の対応は?

重量タイプの電動車椅子は自重が80kg程度有ります。利用者と併せると120~130kgになりますが使用して頂けます。注文時に申告して頂くようにしていますが、その場合車椅子の固定装置に補助ベルト用フックを追加しています。また、特殊な車椅子の寸法にも事前の申告により対応しています。

適合車種について
適合車種がチラシに載っているが、全型式、全グレードがOKですか?

2駆、4駆の区別のみで殆ど対応可能です。新車時にはフル型式・中古車は車検証の写しを送って頂いています。

電源について
電源はバッテリーからの様だが、大きさの変更は必要ないですか?

標準仕様の容量で問題有りません。心配のお客様には容量アップや早めの交換(3年程度)をお勧めしています。

介護用車輌の申請について
介護用車輌の申請はどうしますか?

介護タクシーは使用可能な車種でないと申請できません。各陸運事務所の「旅客課」にて要確認。(国交省との直通コンピューターで確認)車輌の仕様は8ナンバー車と同様になります。

自動・手動について
何処までが自動で、何処までが手動ですか?

自動の部分は有りません。車輌のフロアー部分まで上昇させるのに介助者の操作による「電動・油圧」を利用します。その後は介助者に車椅子の固定をしてもらい、リフトの格納をお願いします。

走行出来るまでの時間
車椅子を載せて、走行出来るまでの時間はどの位かかりますか?

馴れた揚合、2~3分程度と考えます。ホームページの動画をご参照下さい。「助っ人くん」を詳しく知りたい方は、デモ車輌をご覧下さい。また操作マニュアルと動画をご覧いただければ概要をご理解いただけると思います。

重量増について
重量増によりガソリンの消費が増えそう?

リフトを使用しない揚合は単純にリフトの重量だけ重量増となりますが、リフト使用時はサードシートに人が乗れないのでトータル重量は減ります。 殆ど「誤差」の範疇かと考えます。

後方の視界
後方の視界はどうなっていますか?

格納したプラットホーム(車椅子を上昇させるパネル)はリアゲートよりも低い位置に納まります。両サイドのアームのみ約15㌢程度後方から見えますが、後方視界を妨げる事は有りません。

車検について
車検の際に、何か言われた場合、どうすれば良いですか?

弊社に連絡戴ければ直接カーディーラーさんや陸運事務所の検査官とお話をさせて頂きます。現時点においてトラブルは皆無と考えます。基本的には中部産業が代行させていただきます。

税金関係について

消費税について
消費税は?

車輌の消費税一リフトの取付けを新車購入時に注文書へ記載して頂く事により車輌代金の消費税が非課税となります。障害者手帳の有無は関係ありませんので施設等への販売時にも非課税となります。
※ディーラーはメーカーに対して仕入時に消費税を払いますが、消費税の納付時に課税仕入に対しての非課税売上を按分して納付して頂きます。
※確認は最寄りの税務署の消費税係、審議担当官まで。
  注
「非課税」と「減免」は違います。
非課税一課税がされていない状況。
減免一課税扱いであるが申請が認められている期間のみ支払を「免除」されている状況。

取得税について
取得税は?

障害者手帳(介護手帳は不可)を所有している方、または同居の家族を車輌の所有者にした場合に減免となります。
・障害者手帳を登録時に陸運事務所へ提出。コピーは不可。
・同居の家族の所有にする揚合は最寄りの役所の市民課で障害者との同居を証明する「生計を一にする証明書」を請求して登録時に添付します。

自動車税について
自動車税は?

上記の届出をした車輌は権利を取得している間は減免となります。

助成金について
助成金は?

各自治体によりバラつきが有る為、事前に最寄りの役所の福祉課へ確認を取ります。助成金が支給される揚合は取付け前に見積書とパンフレットの提出が必要となります。

利用者減免について
利用者減免

福祉・介護事業者がその業の為に使用する車輌は改造車検(8ナンバL-)を取得した車輌に限り、自動車税の減免が受けられます。
※県税の為、県によって受けられない場合があります。
※陸事の県税窓口にて介護業者のヒヤリングを行う揚合があります。

車輌の法的解釈について

改造車について
取付けた場合、改造車になりますか?(法的根拠は?)

平成13年5月に8ナンバー車の法改正がありました。それ以来、折りたたみ式や跳ね上げ式のシート部に装置を取付けた車輌は特種車輌とならなくなりました。
・「特種用途自動車の構造要件の解説」に記述。
㈱交文社発行東京都新宿区早稲田鶴巻町570 TEL O3・3202・7660

新車に取付けた場合
新車に取付けた場合、登録は?

①登録前に取付ける場合
乗車定員は変りませんが重量増による車重を最寄りの陸運事務所で計測し直す必要が有ります。その結果【排出ガスランク:等価慣性重量ランク】と【タイヤ許容荷重ランク】が変更になった場合、変更になったランク表をメーカーに請求し、添付する必要が有ります。

②登録後に取付ける場合
車はナンバーが取付けられた瞬間、「中古車」となります。次の質問を参照して下さい。

中古車に取付けた場合
中古車に取付けた場合、登録は?

・指定外部品を中古車(含:登録直後の車)に取付ける揚合3ナンバー車は100kg迄、5ナンバー車は50kg迄、車重増加による申告は要りません。
・5ナンバー車にリフトを取付けた場合は取付け後幽に車輌を最寄りの陸運事務所に持込み、前輪の重量・後輪の重量・総重量・車高の測定をし直して車検証の記載事項の変更届け(記載変更)をします。
・その場合、排出ガスとタイヤ許容荷重のランク表は不要です。
・その場合、車検の有効期限に変更は有りません。

車検について
車検はどうなりますか?

リフト取付け時に確実に申告がしてあれば通常の車検と何ら変る事はありません。

改造車(8ナンバー車)にするには?
改造車(8ナンバー車)にするのにはどうすれば良いのですか?

リフト装置の占める面積が運転席のシートの背もたれからリアゲートまでの50%以上必要となりますので三列目のシ一トを取外して改造車検を取得すれば8ナンバー車となります。その場合、車検の有効期限は2年間となります。
※バン(貨物車)に取付けた場合は8ナンバー車(積載無し)で2年車検となります。
※任意保険の割引(年齢・家族)が受けられます。
※近年は普通乗用車(5・3ナンバー)の3列目シートを取外しても8ナンバー取得は難しくなっています。
その場合、「定員減による構造変更」となり、ナンバーは5・3のままとなります。

重量税について
取付けると重量が増えますが重量税は変りますか?

新車登録前(含:中古車の新規登録)に取付けて陸運事務所へ持込んだ場合、重量税ランクが上がったら上のランクの重量税を払います。
1.450kg(\37.800-)⇒1540kg(\50.400-)
中古車に取付けて重量税ランクが上がった場合は次回の車検時から上のランクの重量税を払います。

改造はしません

その他

PL保険
PL保険は加入していますか。

中部産業で加入しています。

リフトの下取について
リフトは下取ってくれるのですか?

現状では有料での下取は有りません。

出張取り付けについて
出張で取り付けできますか。

なるべくタイヤ館で取り付けることにしています。

リフト本体および取付費用について
リフト本体および取付費用の他にかかりますか。

陸運事務所への申請費用、陸送料金、出張取付費用などがかかります。